2018年5月4日金曜日

レンタルバイクのMT-09で熊本までツーリングしてきた

経緯

地元が九州なので、よくバイク繋がりの関係の人たちから「バイクで帰ってツーリングしないの?」と訊かれる。関東から乗車して帰るにも、フェリーに乗って帰るのもなかなか時間がかかるということでレンタルバイクでツーリングした、というお話。

準備編

GWにレンタルバイクでツーリングをしようと思って、少しずつ実家にヘルメットやら革ジャンやらを送って準備していた。当初の予定では5/2にカワサキZ650を借りてツーリングするつもりだったけれど、あいにくの雨となってしまった為、そちらはキャンセルして改めてYAMAHA MT-09を借りて熊本までツーリングしてみることにした。24時間レンタルなので翌日の開店時までに返せばいいので少し気が楽。実はこれが初めてのYAMAHA車に乗車する機会である。MT-07の方がいいな、とか思っていたけれど3気筒のバイクも初めてだし、評判も良さそうなので今日のツーリングがどうなるか楽しみ。

当日

バイクをレンタルの手続きをしながら、バイク屋さんの方に道を教えてもらって九州自動車道へ乗ってアクセス。まずは古賀SAで最初の休憩。

YAMAHA MT-09 初めてのYAMAHA車
この格好だと阿蘇の山の上はちょっと寒かったです
九州自動車道に乗って福岡を抜けて熊本へ向けて一気に走る。九州の地元にいた頃は九州の西側(福岡、熊本、鹿児島方面と佐賀、長崎方面)にしか高速は通ってなかったけれど、ツーリングマップルを見てみるとずいぶんと整備が進んで東側(大分、宮崎方面)も便利になったようだ。

目的地は熊本城と阿蘇山の2か所。九州自動車道を植木ICで降りたら国道3号線に沿って南下すると熊本城は割とすぐだ。インターを降りてから馬刺しの看板がたくさんあったので、ここで食べておけば良かったと後から少し心残り。

熊本城について

中学校の修学旅行で来て以来、あとはテレビで見たりするくらい。最後に完全な姿を見たのは震災に遭う前の2015年のブラタモリで、だったと思う。間近に見てみるとまだ復興最中で、痛々しい姿を目の当たりにする…。中も入れるところは一部なので、入館料みたいな形でお金は落とせなかったけれど、売店で売っていた熊本に関するグッズを買うと復興に一部が使われるということなので「くまもん」のストラップを買ってみた。

ニュースやその他の情報で聞く限りは、熊本城はオリジナルの状態を保っていたのは明治始めまでで、西南戦争の折に焼失している。その後は、太平洋戦争後に大小3つの天守のうち小天守1つが鉄筋コンクリート製で復元されていたようだ。震災後のニュースでも明治以後に積まれた石垣は壊れてしまったけれども、加藤清正時代に積まれた石垣は堅牢に残っていたとか。

城の敷地に入って天守の方を望むと復興工事の最中

ここの石垣は壊れてしまっている

隅石を残して真ん中の石垣は
ズームすると反対側が見える

西南戦争の戦場にもなったそうだ

大手門から入る辺りも石垣が壊れてご覧の通りに

ここも石垣が酷く壊れてしまっている

戦後に鉄筋コンクリートで再建された小天守

復興を待つ工事中の三天守
早く元の姿に戻れることを地元の方たちも望んでいるだろう
築城した加藤清正公の大河ドラマを実現させたい団体の署名があったので署名してきた
すっかり愛車気分のMT-09
 熊本城は想像以上に破損が酷かったし、復旧の工事も大変だった。地元からは少し離れたところなので、帰省のたびにとは行かないけれど、お城の中には入れない(もちろん入館料も無し)のに多くの人々が訪れているのを見て、元の姿に戻ることを待ち望んでいる人たちが多いことを実感した。

熊本市街で馬刺し屋さんを探す

お昼時を少し過ぎて13時くらい。高速のICを降りた時に馬刺しの看板がたくさん見えたので、馬刺しの食べられるお店を探して市電の走る熊本市街地をMT-09でウロウロする。途中、信号待ちで斜め前に停まったミニバンから5、6歳の男の子が窓から顔を出してこちらに手を振ってくれた。こちらも手を振り返すと、男の子は嬉しかったのか、車内のご両親に報告した(と思われる)後、ピースサインやサムズアップをする。こちらも男の子と同じハンドサインを彼に送り返す。こんなハンドサインのやり取りを5、6往復して、ほんの1、2分くらいの時間だったと思うけれど、とても喜んでくれたし、こちらも温かい気持ちになった。(あの子ももしかしたら将来、バイク乗りたいとか言い出すかなぁ、とか一人で勝手に思ってた。)

ガソリンを入れたり地図を見て馬刺し屋さんには辿り着いたもののランチタイムを過ぎてしまい、夕方までは閉店しているお店ばかりとなったので、断念して阿蘇山へ向かうこととする。

阿蘇山へ

国道57号線(豊後街道)で阿蘇山へと向かう。 ここからはだんだんとツーリングのバイカー達が増えてきて、ヤエー(ピースサイン)してくれたり手を振ってくれたりするので、こちらもヤエーしまくるぞ!と意気込んですれ違うバイクには左手で手を振りまくっていく。関東にいる時はほとんどこういう事をしないのだけれど、やっていると段々と楽しくなって、周りのバイカー達との一体感が勝手に自分の中で醸成されていく。

だんだんと標高が上がってきて、ジーンズに革ジャン(その下はTシャツ)という出で立ちでは寒くなってくる。大観峰へと向かうルートで地震で崩れて通れない道もあったりとかで迂回しつつも、阿蘇パノラマライン、ミルクロードを伝って阿蘇の外輪山を走る。どうせカルデラになっているので、ぐるっと一周回っても大観峰には辿り着けると考えての走行である。

大観峰とはだいぶ離れているものの、兜岩展望台にたどり着いて、この日初めての食事。と言ってもソフトクリームだけれど。

寒いけれど空腹にはたまらんです。

兜岩展望台からの眺め
 もう15時を回っているので、ここから阿蘇の大観峰だけは行っておこうと地図だけを再確認して再出発。カルデラの上の外輪山はバイカーだらけで天気のいいGWはやはりツーリング日和だ。

16時を回ったころ、ようやく大観峰に到着。今日一日で一番バイクをたくさん見た場所だった。アメリカンからSSまで色んなジャンルのバイクがたくさんいる。

カルデラの中の雄大な景色を望みながら、大観峰で出店もたくさんあるので、軽食をつまみながら休憩。最初は雨でもいいか、と思って当初の予定をゴリ押ししようかと思ったけれど、晴れた日に変更して正解だった。ここまで登って何も見えないのと、この雄大な景色が見えるのとでは天地の差だもんね。

大観峰からの眺め

この石の周りで写真を撮る人たちが多かった

猿回しもやってたりしてにぎわってた

帰路

この後は、阿蘇を後にしてやまなみハイウェイに滑り込む。阿曽から湯布院までは一気に走れることになる。そこまで混む時間でもなく、ただ標高は高い為、相変わらず寒気に震えながら、それでいてMT-09の素直な操作特性の恩恵を感じながらカーブを刻んでいく。あっという間に湯布院に付き、そこからは高速で大分、別府方面に抜け、ジャンクションを経由して出発地点方面へ。高速に乗ってからは拍子抜けするほどスムーズに距離を稼ぎ、予定していた時間とほぼぴったりの時間に帰宅。バイクは翌朝にレンタルしたお店に返せばいいので、帰ってすぐにゆっくり出来て気楽だった。

この日のツーリングルート

おおざっぱにだけど、こんなルート。だいたい400㎞くらい。MT-09はふだん乗っているZX-10Rと同じくらいの航続距離で満タン給油からだいたい200㎞くらいで給油タイミングとなる。ハイオク指定だから、ツーリングの時だけ借りるのなら、もう1つ下の排気量のMT-07の方が2気筒で面白いかもしれない。(ただレンタルしているところは無かったんだよねぇ…。)

地図で見ると大分方面から高千穂峡の方に抜けても面白そうだし、帰省のたびに、とは行かないけれど、九州まで飛行機や新幹線で行ってレンタルバイクを借りてツーリングはオススメです。

この日のだいたいのツーリングルート

2018年4月28日土曜日

トミンでBMC走行会vol.42に参加してきた

はじめに

トミンで開催されるBMC走行会vol.42に参加してきた。この走行会ももう42回目になるのか。早いなぁ。3月の年度末の仕事の忙しさを引きずって何となく休日もバイクに乗るのが億劫になっていたので、今回の走行会が実質的にシーズンインとなる。トミンも昨年の11月以来ぶりだし、何よりスプロケットを変更して以来、初めてのサーキット走行。アヒルクラス(中級)で申し込んでみたけど、どうだろうか。朝のミーティングにギリギリ間に合わず微妙に遅刻ですみませんでした。。。フラッグ係は朝イチで済ませたので、参加者の義務は早めに済ませることが出来たのだけは一安心。スタッフの人たち(とーるさん、KAMMYさん、たかふみさん)や参加者の人たちも馴染みの人たちが多く楽しい1日となった。



走行編


スプロケを変更して大幅にショートになったことと、いきなりシフトチェンジをきっちりやろうとして、リズムも取れず、最初の走行は一緒の枠の人からしたら顰蹙ものだったと思う。 2速だけで走るようにしてみたら何となくリズムも取れるようになってきたけど、まだアクセルの開け具合が足りない。1速だけでも走行してみて直線はそこそこ開けられる気もしてきたけど、突っ込もうとすると何だか足回りが腰砕けのようになってしまい、コーナーは必要以上に減速し過ぎて、うーん…という感じ。あとで、コースサイドで見ていたたかふみさんにも「Kensakuは直線はアクセルまぁまぁ開けてるから後ろのバイク(小排気量車)は抜けなくてコーナーが遅い。」と。ただ、このスプロケのファイナルには可能性は感じる。

何だか腰が引けてるという感じ
 

もう少し頑張りましょう
 一緒に走った人たち

今回はいつものハヤブサGSX-1300Rではなく、GSX-R1000(K5)で参戦の狐.com君。自分好みに振った足回りがトミンではハマらず標準セッティングに戻してからは調子よく走っているようだった。



同じバイク屋さんで知り合ったおおにしさん。前回までのKSR110改ではなく、Ninja250SLを手に入れて走ってる。バイクへの情熱はとても熱い方です。



同じ型のバイクに乗るおすずさん。あとで10Rの仕様などを色々教えてもらったり情報交換。



 走行後

帰りは、たかふみさん、KAMMYさん、狐.com君&きょんさん夫妻、おすずさんと一緒に守谷SAで食事をして解散。お疲れ様でした! 

2018年4月22日日曜日

SHOEI X-14 ヘルメット買いました X-12との比較

ある日、Twitterを眺めていたら相互フォローの知人が「AmazonでX-14が全種類ではないけど、35%OFFになっている!」と呟いてたので、見てみたら欲しいレプリカモデルも対象だったのでポチってみた。

もともと、ツナギもそろそろ作り変えたいし、ヘルメットはその後で、ツナギのデザインに合わせて買えばいいかなとも思ってたけど、今のヘルメットももう6年?くらい前のだし、買い替えようと。X-12のYANAGAWAモデルの初期のものです。買ったのはX-14のYANAGAWAモデル。柳川明さんもTEAM GREENを引退してしまったようだし、もしかしたら今回のレプリカが最後かもと思って。ただ、本当は同じようなカラーリングのLAVATYモデルと迷ってた。LAVATYモデルは35%OFFの対象外だったので、もう吹っ切れてYANAGAWAモデルにした。

後日、用品店でどちらも25%OFFになっているのを発見。
 MotoGPとかでプロの人たちが被っているのを見ると、ずいぶんと後ろに長くなって、あと伏せた時に前が見やすいようにシールドの開口部が大きくなった印象があったけど、X-12と並べてみた。

X-12はサメさんは左側のみ
X-14は左右合わせて2匹のサメさんがいます
上から見るとやっぱりX-14の方が前後に長い
87番のゼッケン
顎の部分はX-14の方が絞り込まれてるようだ
並べてみると意外と違いがあって面白かった。ライムグリーンの色合いも微妙に違って、X-12の方が黄色っぽい。X-14は蛍光グリーンという感じで、グラフィックも青色が混ざってる。X-14はティアオフフィルム(捨てバイザー)付けてサーキット用にするつもり。X-12は帰省した時にバイクに乗れるように実家に置いておこうかと思う。

2018年2月17日土曜日

真鶴半島ツーリング

心が疲れるとふと来たくなる場所。それが僕にとっては真鶴半島。ブログの過去記事を遡ってみたけれど、1つしか記事にしていないけれどおそらく10回近く来ている。(電車で来たこともある。)

期末の仕事の締め切りが押し迫る中、金曜の夜に会社に居ながら「明日こそはバイクでどこかに出かけよう」と考えていた。11月くらいまでは、冬も月1でサーキット(トミン)を走る!と固く心に誓っていたのだが、自身の疲労具合を鑑みるに、サーキットは厳しくどこか通いなれた場所にツーリングすることとしようと思い立った。 今日はミラーレス一眼のOM-D E-M1も持ってきている。美味しい海鮮を食べ、海を見て命の洗濯をしたい、そんな気分だった。

真鶴半島の岬に降りていく階段にあった標語。いい言葉で気に入りました。

朝は小田原厚木道路から西湘バイパス終点へアクセス。 小田原PAで小休止。梅が咲いている。


頂上は雲で隠れているけれど富士山も見えた
 

 石橋ICを出たら海沿いの135号線を少し走って、JR根府川駅を目指して右折して旧道へ入る。くねくねしてて面白いけれど、道幅が狭いので車では少し厳しいかもしれない。

JR真鶴駅まで来たら線路をくぐって半島へ。漁港もあって、冬でも釣りを楽しんでいる人もいて、鄙びた雰囲気が大好きだ。


町に入ったら、昼食を取る店を探す。何度か行ったことのある真鶴魚座もいいけれど、半島の奥の方にあるうに清に行ってみようと思い立つ。ここも以前に一度だけ行ったことがある。駐車場へ行くと案内のおじさんが「今日はもう満席ですよ。」と言う。店の向かいの駐車場にバイクを停めて、待ってれば入れるのかどうか確認してみることにした。


どうしようかな、と思いつつモノクロにして撮影してみたりする

 「今日1日は待っても無駄ですか?」「さすがにそれは無いですよ。聞いてみます。」 駐車場で案内していた店のおじさんにお店の中に確認してもらうと1人なら待ち時間無しですぐにでも入れるらしい。諦めなくて良かった。

座敷へ通されメニューを拝見。うにが食べたいので、定食の下から二番目のメニュー(磯料理の「竹」3200円)を頼む。たぶん磯料理の「梅」(2200円)でも1人なら十分過ぎる量だと思う。待っている間にお隣の席の団体さんがお刺身の舟盛りを前にテンションが上がりまくっていた。〆たばかりの伊勢海老も載った活け造りだからまだエビがちょっと動いてる。と観察しているうちにこちらの卓にも食事が運ばれてきた。

待ちます
これで終わりだと思うでしょ?

焼き海老が来て

かますの塩焼き

サザエの壺焼き

おかずが全部揃ってこの後ご飯とみそ汁が付きます
焼き物は温かいうちに頂き、お刺身やウニ、アワビも美味しく頂いた。かなりのボリュームだけどどれも美味しく真鶴では鉄板のお店だと思う。外にお店の直営の売店もあり、海苔やまぐろ、かつおの酒盗、イカの塩辛(自家製とのこと)も売っていた。イカがオススメということで1つ買ってみた。

美味しい海鮮は食べたので海を見るために岬の方へ行く。くねくねとした道を抜けて「三ツ石」とある方を目指していく。この日は2月にしては暖かいので他にもバイク乗りの人達がいる。岬の先端までいくと、土産物館があってその横を抜けて階段を伝って海岸に降りられる。冒頭の標語の写真はその途中にあったものだ。

真鶴よりさらに南の下田にペリー提督が来たということだが大砲の砲台があったようだ
「台場」とは、大砲を置く場、ということ。伊豆の下田の方に行った時にもガイドの人に教えてもらったけれど、幕末の頃は外国の船を威嚇する為にこうした「台場」に大砲が据え付けてあったのだろう。


 降りていく階段の途中に梅?河津桜が咲いていた。そしてこの木には2羽のウグイスがいた。写真におさめることは出来なかったけれど…。鳴いているウグイスではなく鳥の姿を見られることはなかなか無いので見入ってしまった。

さらに階段を下りていくと三ツ石が見えてくる。



三ツ石は信仰の対象になっていたのかしめ縄で飾られている。この日は気温は冬にしては高めだったが北風が強くカメラを持っていても風で煽られるほどだった。

しばらく写真を撮ったり、白波が岩に当たってしぶきをあげるのを眺めながら時を過ごした。海を見るのはやはり心にエネルギーがリロードされる気がします。また、暑い時期ではなく冬だから、良いのかもしれない。

帰りは真鶴を出て根府川までの旧道をふたたび引き返していく。くねくねした道を曲がりながら、決められた範囲の速度でライン取りをして、リーンウィズで曲がっていく。頭をもう少しインに入れてみようかな?とかそんなことを考えて走れているのは、10年前に初めてここに来た頃よりもバイクの運転が少しは上達している証左か…?

食べてばかりになるので寄るかどうするか迷ったけれど、真鶴に来た時しか寄れないので、からみもち鈴樹にも寄ってみた。10年前はお店のある家の昔ながらの座敷に上がれたけれど、今はテラスみたいになった場所になっている。

木曜定休だそうです
1人なので大根おろしの「からみもち」と餡子のもちに分けてもらった

 大根おろしがまぶされたからみもちの方が美味しいかも。食べる前までは餡子もちの方が美味しいと予想していたけれどね。僕ともう1組のお客さんが来るまで、お店の女将さんは羽生選手のフィギュアスケートの決勝を見ていたようだ。(優勝決まってほっとして疲れたと言ってた。)

 西湘バイパス経由でこの後は帰宅。思ったよりも早く帰れそうなので、バイク屋さんに顔を出して「うに清」をオススメしてきたのでした。 電車や泊まりだったらあの海鮮料理でお酒飲みたいなぁ。